フルスペック

更新日:9月12日

文章を書くことが本当になくなって、

なかなか文章が書きづらくなっている。

日本語も語学だ。

フルスペックで使う習慣がなければ、

フルスペックでアウトプットすることはできない。


時々危機感を感じて、

読書やら語学学習やらを慌ててしてはみるものの、

そんな旅のような時間は、

いちいちに手がかかる日常の雑多な業務に、

あっという間に後回しにされてしまう。


それでもこの膨大で雑多な業務を積み重ねていくことが、

糧になり道になるのだ。

私のそして共に暮らす家族の。


そう自分を正当化して、

今日もフルスペックで繰り事をこなしていく。

最新記事

すべて表示

雲の様子ががらりとかわって、空が高くなる。あの日も、高く澄んだ空に誘われて外出したのだった。仕事場と家の往復と、あってないような休日を繰り返す日々は充実していたが、ちょっと疲れてもいた。そんなふうに目的もなく近所をふらつくのはとても久しぶりで浮かれていた。 ずっと気になっていたその店は、とてもおかしな風貌をしていた。外壁には大きな肖像画が描かれ、自転車が天井から吊り下がってることもあれば、壁一面に

挫折した経験は?という質問をよく耳にするけれど、実はよくわからない。 大きな壁には何度も何度もぶち当たったことがある。だけどね、よくよく見れば、穴が開いているところがあったりするし、そもそもわたしにおいては、「真っ向勝負の正面突破!」みたいなヤンキー気質(侍気質と言えば格好がいいね、こう見えてわたしは元剣道部である)があるので、力づくで体当たりして、血みどろになって壁を壊そうとしていたりする。 そ