文武両道

みなさんに作ってもらうためのお料理と、レストランCROISEMENTのお料理は、ぜんぜん違う。何が違うかというと。


おうちの料理はある程度「簡単」であることが重要。作る前にその手順を想像して億劫になってしまっては元も子もない。毎日のことだからね。材料も最小限。でも、「おいしい」のために、絶対に省けない手順はしっかり残す。例えば、炒める肉にしっかり下味をつける、とか、調味料は先に合わせておく、とか。そこを省いた料理は、味がどうしても雑になってしまう。出来上がった料理がおいしくないと、次のモチベーションにつながらない。その手順と材料の見極めに、すごく時間と労力を費やしているのです。いざ、作るのは簡単だけどね。


一方で、レストランの料理は、それがおいしいにつながるなら、手をかけられるだけかける。もちろん時間に限りはあるけれど。この料理をおいしくしたい、という、欲望と意地の赴くままに。そして何よりわくわくするのが、そのときの季節の匂いを嗅ぎ取って、それを最大限に活かす組み合わせを考えること。考えるというよりも、勝手に動いている、というほうが近い。感覚や欲望の発散の場。ここがなくては、わたしは人生のバランスが取れない。


運動ができないから、「文武両道」なんてくそくらえ、とずっと思っていたけれど、わたしはこういう方法で文武両道していたんだな、と思った、本日の戯言。

最新記事

すべて表示

文章を書くことが本当になくなって、 なかなか文章が書きづらくなっている。 日本語も語学だ。 フルスペックで使う習慣がなければ、 フルスペックでアウトプットすることはできない。 時々危機感を感じて、 読書やら語学学習やらを慌ててしてはみるものの、 そんな旅のような時間は、 いちいちに手がかかる日常の雑多な業務に、 あっという間に後回しにされてしまう。 それでもこの膨大で雑多な業務を積み重ねていくこと

雲の様子ががらりとかわって、空が高くなる。あの日も、高く澄んだ空に誘われて外出したのだった。仕事場と家の往復と、あってないような休日を繰り返す日々は充実していたが、ちょっと疲れてもいた。そんなふうに目的もなく近所をふらつくのはとても久しぶりで浮かれていた。 ずっと気になっていたその店は、とてもおかしな風貌をしていた。外壁には大きな肖像画が描かれ、自転車が天井から吊り下がってることもあれば、壁一面に