勘違い

先日、ブログ再開します、的な文章を書いたら、特にHPと紐付けているわけではないのに、見てくれてる人がいる(閲覧人数だけカウントされて見られる仕組みになっている)ことに気づきました。もう少しいくつかたまったら、HPとリンクしようと思っている(つまり継続する自信がまだあまりないってことだね)ので、気長によろしくお願いします。


さてなんだか世の中が動き出してきて、めっぽう忙しい。クロワズモンという飲食店は、基本的に金曜日と土曜日しか開けていないので、他は暇だと思われているのですが、営業日のほうがむしろわたしにとってはご褒美(よい材料で存分に「自分の」料理ができるし、会いたいひとが突然会いにきてくれたりするし、なによりも、おいしそうに料理を食べてくれるみなさまの顔はわたしにとって最大の癒やしです)のような位置づけで、むしろ平日はとっても忙しい。


「忙しいです」とあまり言いたくないので、わりと意図的にゆるりとしているのだが、それでもあまりに相手の想像にギャップがあるときは、明確に説明する。わたしは見た目がぼんやりしているので、あまり自己主張が強くないと思われがちで、それがこういうときとても困るのです。


この例に限らず、いろんな場面で、わたしが急にはきはき明確に自分の意見を述べだすと、さーっと相手がひいてしまうことがよくある。怒り出したり、明らかに不愉快そうにしたりもよくされる。そこを器用におべんちゃらを使いながら、さくっと対応できたらそれが「大人」というものなのかもしれないけれど、悲しいかなお世辞を言うこともすごく苦手なので、それが上手にできない。


でもそのギャップ(相手の勝手な勘違い)は、こうして自分で仕事をしていくのにはわりと大きな障害であったりする。うすうす感じてはいたけれど、夫と一緒に仕事をするようになって、夫が傍から見て同じようなことを言っているので、やっぱり実際にそうなのだろうね。まぁ夫は、「うさぎだと思って話しかけたら、うさぎの着ぐるみを来た狼だった、みたいなものだよ」と言ってげらげら笑っているのだが、それにわりと救われたりする。


世の中、ジェンダーレスとか多様性とかよく言うけれど、そういうことの根本的な問題は、「自分で勝手に相手の性質を勘違いして、それと実際が違ったときに、嫌悪感が表面に出てしまうこと」なんだといつも思います。自分もしているだろういろんな勘違い。物事の本質なんて、そうそう簡単に見えるものではないからね。


でも、その勘違いも、「あ、勘違いだった!」ってたやすく認める余裕があれば、きっともっとみんなが気楽に生きられるのにね。


そんなつぶやきではじまりましたが、昨日イベントで会えたいろんな人からのエネルギーを糧に、今週はよきスタートでございます。

最新記事

すべて表示

みなさんに作ってもらうためのお料理と、レストランCROISEMENTのお料理は、ぜんぜん違う。何が違うかというと。 おうちの料理はある程度「簡単」であることが重要。作る前にその手順を想像して億劫になってしまっては元も子もない。毎日のことだからね。材料も最小限。でも、「おいしい」のために、絶対に省けない手順はしっかり残す。例えば、炒める肉にしっかり下味をつける、とか、調味料は先に合わせておく、とか。

4年続いた山陽新聞のエッセイ掲載が終わって一年になる。連載の最後のほうはすこし疲れてきていて(そもそも飽きっぽい)、すこし書く仕事はおやすみかな、と思っていたのだけれど、こうして一年経ってみると(というか半年経ったくらいから)、もう書きたくなっていました。 好きなこと、には抗えない。ミーハー気質とは真逆の、超保守的な質なので、好きなことはずっと一緒。たぶん幼少期からほとんど変わっていない。読書感想

更新頻度は多くありませんが、思ったことや調合のたのしみ、などなど、SNSとは違ったすこし長い文章を、こちらには追加していきたいと思っています。 タイムリーな情報はSNSをご確認ください ↓↓↓ ●instagram 日沼紀子 https://www.instagram.com/norikohinuma/ ●Facebook 日沼紀子 https://www.facebook.com/nori